FC2ブログ

プロフィール

snifkin

Author:snifkin
ビジネスクラス搭乗を格安で実践します

snifkin2@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

新クレジットカード検討

デルタスカイマイルアメリカンエクスプレスゴールドカード
なんとも長い名前ですが、入会を迷っております

なぜならこのクレジットカードへ入会して年会費を払うだけでデルタ航空のラウンジへ入室可能になる「ゴールドメダリオン」という上級会員の資格を維持できるからです
かつてsnifkinはこのデルタ航空と合併して消滅したノースウェスト航空の上級会員を維持するために年間地球2周する修行をしておりました
それが今やクレジット入会だけで即席上級会員になれてしまうという内容
隔世の感がありますな(しんみり)

以前のsnifkinなら即決で入会していたところです
が、今や苦労して入会資格を得たJALグローバルクラブ(年会費10,500円)とANAスーパーフライヤーズクラブ(年会費10,762円)の両クレジットカードとユナイテッド航空の陸マイルを貯めるためのメインで使用しているユナイテッド航空マイレージプラスセゾンマイルアップメンバーズカード(年会費6,825円)の3枚で28,087円の年会費を払っております

そこへこれへ入会すると年会費27,300円!!追加

年会費はさておき入会するとどんなメリットがあるのか

1.入会ボーナス8,000マイル
2.最初のフライトボーナス(ビジネスクラス25,000マイル、エコノミークラス10,000マイル)
3.デルタ航空への支払に利用すればマイル3倍
4.海外での買物はマイルが1.25倍
5.カード利用額100万円ごとにボーナス5,000マイル
6.毎月のカード利用100円につき1マイル付与
7.翌年継続3,000マイル

となっています

このうち
2.の最初のフライトに対するボーナスはデカイですが、有償で乗るつもりはないので却下
7.の翌年継続のマイルについてはショボイので却下

なので残り5つのボーナスについて考察してみます
データとして昨年のクレジットカード利用額を利用してみましょう

昨年はユナイテッド航空マイレージプラスセゾンマイルアップメンバーズカードを使いまくりました
集計してみたら 2,448,914円でした(半分以上は所有しているビルの電気代等での利用です)
このうちデルタ航空利用額は 415,359円でこれがそのまま海外利用にも該当するので上記3.と4.を満たします
このほかホテル代等182,196円がすべて海外利用だとすれば以下の計算が可能です

1.入会ボーナス8,000マイルもらう
3.デルタ航空利用額によるボーナス8,306マイルもらう(上乗せ分のみ)
4.デルタ航空海外利用ボーナス1,038マイルと海外ホテル利用ボーナス455マイルもらう(上乗せ分のみ)
5.200万円利用につき10,000マイルもらう
6.100円につき1マイル分合計24,489マイルもらう

これを合計すると52,288マイルとなりました
実はもっと加算されるんです

それはニッポン500マイル・キャンペーンで、一般会員が年間10区間5,000マイルしか貯められないのにこのカード会員になれば最大40区間20,000マイル加算されます
ただしsnifkinは昨年国内線を24本しか乗ってないので一般会員との差額7,000マイル(12,000-5,000)を上記に加算します

するとこのクレジットカードによって得られるマイル数は59,288マイルとなりました
提携先の大韓航空で利用すれば青森ーソウルエコノミークラス約4往復分!
う~ん、すごいぜ


現在メインのクレジットカードとして利用しているユナイテッド航空マイレージプラスセゾンマイルアップメンバーズカードでは36,495マイル貯まっています
提携先のANAで利用すれば大館能代-石垣島エコノミークラス約3往復分!です

単純にマイル数の比較でいえばデルタ航空の方が圧勝ですが
snifkin的にバンコク>>>石垣島>>越えられない壁>ソウルなのでソウル4往復より石垣島3往復の方が上なんですな

ということで今のところ新しいクレジットカード入会は我慢して今の体制を続けようと思います
とやっとのことで入会を諦める口実ができました

snifkinはこの手の勧誘に弱いので諦める口実を考えるのに毎回苦労します

<< デルタマイルのキャンペーン | ホーム | 番外、無線LAN不調 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム