fc2ブログ

プロフィール

snifkin

Author:snifkin
ビジネスクラス搭乗を格安で実践します

snifkin2@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

UAのマイルを買うという行為

最近多いのがこういうメール
mpbuy67bonus290603.jpg
ボーナスマイルをあげるのでマイルを買ってね!
っていう内容

マイル購入という概念がない日本の航空会社と違って欧米の航空会社の多くはマイルを販売しています
今回注目したいのがユナイテッド航空UAのマイレージプラスMPというマイレージプログラム
これはアメリカの航空会社ですが、同じスターアライアンスのANA国内線でも利用できます

通常は1マイル0.035ドル+7.5%税での購入
最近は50%ボーナスのキャンペーンの案内がたまに来ていましたが
今回は2万マイル以上買えば67%ボーナス

これを少し検証してみましょう


snifkinは何度かこのマイルを購入した経験があります
それは100%ボーナスがあった場合です
それを購入して専らANA便利用での石垣島行きに利用してきた訳です
ここ数年100%ボーナスなど行われていないので忘れておりました

今回は滅多にない67%ボーナス
最寄の青森空港から石垣空港まで、ANA国内便を乗り継いで行くのに片道MP8000マイル必要ですが
以前はMP10000マイル必要な時代もありました
100%ボーナスがあった時代にMP10000マイル必要だったとすれば
MP8000マイルで行ける現在が67%ボーナスだとしても、それほど違いがあるように思えません

仮に為替を今と同じ113.7円(128352円÷MP50100マイル)だとすれば
過去100%ボーナス時代のMP10000マイルに必要な金額は21389円
(MP5000マイル×0.035ドル×1.075×113.7円)
今回のMP8000マイル購入に必要な金額は20495円

何と今の方がお得という結果になりました

言い換えれば、
過去に「石垣島まで21400円で行ける!」だったものが
「石垣島まで20500円で行ける!」になったって事ですな


今回のキャンペーンはMP20000マイル以上購入の場合に67%ボーナスな訳ですが、
それを購入すれば12万円以上の出費となります
かといって、半分のMP10000マイル購入では50%ボーナスしかなく効率が落ちます
こういうキャンペーンは最高のボーナス帯を狙ってこそのお得感があるので、悩みますな

ふふっ

ハテルマジマへ行くために!

昨年からこの6月初旬に行こうと決めていた波照間島
先日断念した記事を書きました
isigakimap290604.jpg
それは石垣島から高速フェリーで南に一時間なのですが、過去に3度行った、南に30分の黒島より遠く
黒島を過ぎると、外洋となって荒れる事が多い

行けても帰れない場合も多い
本当に駄目な場合は5日続くこともあるとか・・・

snifkinや、多くの格安航空券で来ている人が、帰りのフェリーが欠航に遭遇したらどうなるか?
多くの場合、朝一便は運行されることが多いですが、一旦欠航便が出ればその日は全滅って事が多いです
火曜日、木曜日、土曜日、第二第四金曜日には貨客船が運航されており、ほとんど欠航が無いので、それに客が殺到するでしょう
でも客の収容人数に限りがあるので余れば置いてけぼり

新たな客も来ないので、ホテルなり民宿では優先的に受け入れてくれるのだそう
なので宿泊先で困ることはなさそうですな


問題なのは飛行機ですよ
多くの石垣島訪問者は日程変更不可のチケットな訳で、飛行機が天候や機材故障以外での補償はしてくれません
従って、予定便に乗れなかった場合はチケットは無効になります
snifkinはかなり融通の利くANAの特典航空券をメインに利用してますが、恐らく当日に欠航を察知してすぐに乗れない旨を連絡して4日後以降へ日付をずらすことになると思います
それはANA特典のルールだから
運悪くユナイテッド航空UAの特典でANA便を予約していたなら、ANA便を4日後以降へずらすことは同じですが、100ドル必要です
なので帰りにUAの特典をなるべく使わないようにしています

翌日とかに仕事を抱えている身であれば、関係先へ電話して平謝りすることになるんだろうな・・・

そしてフェリーが再開されて石垣島まで帰り着いたら、高いと思いつつも青森までの普通運賃での再発券
特典は4日後以降に日付をずらせたとしても、仕事のためにはそれを無視して当日に帰らなけりゃならない
普通に買えば青森までは9万円越え

波照間島へ行くなら、帰りに石垣島で1泊するなど、現地出発日に少し余裕を持つほうが良さそう

その場合のホテル予約は当日キャンセルしても違約金が取られないレートを選択するのも良いですな
石垣島でお勧めなのは「東横イン石垣島」!
なんと当日16時前のキャンセルには違約金がありません

○以下は過去に宿泊した時のメールの該当部分の抜粋です

また、連絡なくお見えにならなかった場合、または当日16時以降に
キャンセルされた場合には規定のキャンセル料を請求させていただきます。
*****************************************************************
このメッセージは、予約受付システムより自動的に送信されています。
このメールに直接返信してもお問い合わせいただくことはできません。
ご了承ください。
お問い合わせは、直接ホテルまで、電話又はFAXでお願い致します。
*****************************************************************

ご予約有難うございました。
  株式会社 東横イン


これ、ちょっと使えるでしょ
なかなかこれを超える条件提示は見ませんよ
しかも安いし・・・
(波照間島へ行く場合は帰りを1日か2日伸ばして「東横イン石垣島」を予約しておけば保険になるっていう意味です)


取り留めなく書いてしまいましたが、それだけ行きたくてうずうずしている
仕事をする身なので、行きたくても今は行けない・・・

人の旅行記を見てみると、あまり考えないで普通に波照間島へ行けてるんですよね
何も考えないで普通にチケット買ってフェリー乗れば良いじゃん!って考えてはみるものの
船が欠航して路頭に迷う自分の姿が見えてしまう
あれ?俺って小さくね?

書く記事に困って、また同じ話題の焼き直ししてる時点で十分小さいのか・・・
あはは

ポイントかお金か・・・

snifkinはここ数年インターコンチネンタルホテルズグループIHGの
アンバサダー会員を維持しています

アンバサダー会員は誰でもお金さえ払えば即席で成ることのできる資格ですが、
年会費200ドル約23000円掛かります
ihgreamba290606a.jpg
また、翌年以降は150ドルまたはIHG24000ポイントで維持することが可能です

snifkinは入会した翌年の更新を忘れたために再度入会し直して損しています
なので、今年は少し早めに更新しておこうかなと・・・

ところで、この更新には上記のとおりお金とポイントの2つの選択肢がありますが、
snifkinなりの解決法を書きたいと思います


まず比較のためにはIHGポイントの価値を知っておく必要があります
それを得るのに幾ら支払ったのかが一番簡単な方法ですが、

以前「IHGポイント美味しすぎる!
で計算した数字を用いると140284円でIHG155443ポイントを得ているので
@0.9円となりIHG24000ポイント=21600円になりますが
これはホテルに泊まって得たオマケなのでポイント単価はもっと低いはずです
なのでこの方法は相応しくありません

では、どうするか
この問題は以前「トーテム仙台のホテル予約完了
で結論が出てますが
ここのポイントを移行して得られるマイルを基準にすれば
IHG10000ポイント=4444円なのでIHG24000ポイント=10666円となり、
現金を払う場合の150ドル約17250円よりお得


IHGポイントを利用して資格更新します

続きを読む »

29年8月9月JAL江戸-那覇国内線予約

jalhnd--oka290829-0902.jpg
久しぶりのJAL国内線予約をしてみました
今や、時期を決めなければこんなに安く予約できるんですな


いつもsnifkinの頭にあるのが、有償でのJAL国内線予約の件・・・
JALグローバルクラブ(JGC)会員なので、
暦年最初の有償搭乗時に与えられるJMB5000マイルのボーナスを得る為でした

5000マイルといえば結構デカイ
江戸-那覇は区間距離が984マイルなので
割引運賃でその半分の加算だとしても(984マイル×0.5倍+984マイル×JGCの0.35倍)=836マイル
その往復なので合計6672マイルが期待されます


実際に発券するかどうかは、沖縄のどこに行くかを決めてからになりますが
nahamap290606.jpg
前々から狙っている伊江島が最有力


20080716-231032s-.jpg
実は仮想空間では毎晩ここの上空を飛んでます
昨夜も米軍機8機落としました(笑)

ANA国際線特典でソウル経由石垣島行き(検討)

amcguruguru290703a.jpg
最近国際線乗ってませんが、上記のような変態的ルートの研究はしています
snifkinの住む青森県から石垣島へは直行便は存在しないので
江戸など、直行便で行ける場所に住む方々とは考え方が違います

上記ルートはANAマイレージクラブ(AMC)を利用した(疑似)ソウルタッチでの石垣島3/4往復です
(3/4往復とは、帰り1区間のみ未達になる往復という造語です)

7月3日(月)に青森空港から千歳空港を経由して江戸羽田空港に到着した後、ソウル金浦空港へ乗り継いで一泊
翌4日朝ソウルインチョン空港から那覇空港を経由して石垣空港へ到着します
そこで4日滞在した後8日(土)に石垣空港から江戸羽田空港へ到着して終了

ここでの注目点は、那覇空港から石垣空港への移動部分は、国際線へ接続出来る前後国内線2本ずつの後半部分の1本
それから4日空けて最後の国内線1本を消化します

最後に江戸に到着したあとは、青森行きJAL便を英国航空BAのマイルで発券しようと思います


AMCは15000マイルで済むものの、BAは4500マイル消費するし、空港税等6360円も掛かるので
お得かどうかちょっと疑問ですが、面白いルートってのは間違いないと思います
googlemap290703gurugurua.jpg
赤線が往路で青線が復路です
AMC部分(線で辿る距離)だけで3684マイルもあります
(AOJ-CTS153、CTS-HND510、HND-ICN758、ICN-OKA784、OKA-ISG251、ISG-HND1228)


実際に発券しそうになって7月5日に仕事上の用事ができて、またしても行けなくなったのでした・・・


ANA国際線特典でソウル経由那覇、石垣島行き(検討)

amc291126okaisg.jpg
最近、変なルートばかり探すのに嵌ったsnifkinですが
現在上記ルートを検討中

11月26日(日)に青森空港から伊丹空港を経由して那覇到着
翌27日(月)に那覇空港からソウルインチョン空港を経由して江戸羽田空港到着
翌28日(火)に江戸羽田空港から石垣空港へ直行便で到着
翌月1日(金)に石垣空港から関西空港へ到着


これはANA国際線特典の利用ですが、那覇-ソウル間に、同じスターアライアンスのアシアナ航空が入っているためにスターアライアンス特典という別の扱いになります
その扱いの一番の違いは、付帯させる国内線特典の前か後の便を全然違う日付で発券できるという点
付帯できる国内線は国際線の前2本、後2本の計4本
全然違う日付で発券できるのは、前2本でも良いし、後2本でも良いし、上記ルートのように最後の1本でもOK!
良くみると、前の2本は国際線出発時刻前24時間以内ルールに従っており、
後の1本は国際線到着時刻後24時間以内ルールに従っています
最後の石垣-関空便のみ期日が離れていますな
最後の2便共に期日を離してしまうと、石垣島へ24時間以内の滞在で帰ってこなければなりません


上記ルートを良くみると、1日目に那覇到着後、2日目のソウルへの出発まで23時間45分の滞在時間!
さらに2日目にソウルインチョン空港へ到着後の5時間10分後にソウル金浦空港から出国
これは所謂ソウルタッチな訳です

そして、一番の見せ場(笑)が最後の2区間!
実は、ここだけをANA国内線特典で普通に発券しても17000マイルで可能なので
メリットがあるとすれば、ちょっとだけ那覇行けて、4770円支払って2000マイル少ないマイル数で行ける方法という自己満足でしかないルート?
gomap291126amcb.jpg
赤線が往路で青線が復路
AMC部分(線で辿る距離)だけで4987マイルもあります
(AOJ-ITM523、ITM-OKA739、OKA-ICN784、GMP-HND740、HND-ISG1228、ISG-KIX973)


つい2年程前まで総距離による制限が有りましたが、これをみると撤廃されたようですな

ふふっ

続きを読む »

ANAマイルのもう一つの形態

ana290825onjbkkyb.jpg
時期を選べば上記旅程が可能です
国内線を含めての上記旅程で55000円はかなり安い部類ですが、これを例にしたいと思います
55000円は航空券43000円と諸経費12000円の合計


amc290825onjbkkb.jpg
有償航空券と全く同じ旅程をマイルで予約する場合がこちらですが
35000マイルと諸経費11420円が必要になります
同じ旅程なのに諸経費が580円違うのは江戸羽田空港使用料往復分で、特典の場合は不要な事に起因しますが、ややこしいので無視することにすれば、単純に35000マイルと43000円の比較となりますな


anaskycoinb.jpg
ここで登場するのが「ANASKYコイン」
名前の変遷や媒体の違いはあれど、昔からあったクーポンの類です
マイルからコインへ変換してから使用しますが、会員ランクによって変換率が違います
snifkinはスーパーフライヤーズカード(SFC)所持者ですので、これを基準にします


35000マイルをコインにすればまず、30000マイルが1.4倍の42000コインとなり、
残りの5000マイルが5000コインとなって47000コインが得られることになります
それで有償航空券代43000円=43000コイン支払えば4000コイン残って
それを諸経費に充当すれば8000円の負担で済むという計算
マイル特典予約より約4000円安く済むことになります

実はもうひとつ利点があって、有償航空券ならマイルが貯まります
SFC会員なら、上記旅程で5720マイル
「(2868江戸バンコク基本マイル×0.85倍加算+314北秋田江戸基本マイル×1.35倍加算)×2(往復)」

単純にこの5720マイルを最低基準の1倍換算したとしても
5720コインが得られ先の4000コインに加算すれば約10000コイン=10000円安くなるっていう皮算用ですな


マイルには子供分が安くなるという概念がありませんが、
有償航空券の子供料金を上記方法で支払うと25%安くなる(たぶん)のでもっとお得ですな
昔ハワイへ行く際の家族旅行で利用したことがあります


ふふっ

明日は長野、明後日は江戸

明日に迫った長野県須坂市への旅行
幼馴染との45年ぶりの再会を目的としてますが、ちょっと興奮してます
DSC_0216.jpg
今日は慣れないJR発券のため弘前駅へ行ってきました


DSC_0218.jpg
窓際席は取れなかったけどなんとか発券完了!


さて、どんな格好で行こうか・・・

番外、snifkin心の旅

今日は写真無しです・・・


今年3月のある日、東京国立市で女の子が古井戸に落ちて無事救出された報道がありました
良かったと安心したと同時に、
いきなり、
本当にいきなり昔の記憶、
昔の忘れがたい記憶が蘇ったのでした


snifkinが幼稚園児の時に俊也君という仲の良い幼馴染がいました
一緒によく「マグマ大使」ごっこしたなあ・・・

共に附属小学校の試験を受けて合格し、一緒に小学校へ通学するのを楽しみにしていたんですよ
ところが3月卒園間際のある日、自宅近くの古井戸に落ちて亡くなってしまいました
仲の良かった男の子と女の子一人づつがお通夜に出席したのですが、一番仲の良かった自分がお通夜に行きました
当時はお通夜の意味を理解してなくて一緒に出席した女の子とじゃれあってたのを思い出します

その2年後に彼の弟のK君が同じ小学校に入学してきました
仲良くなったのは言うまでもありません

何度も彼の自宅に遊びに行き、ご両親にもお世話になりました
そして、居間には仏壇があり俊也くんの遺影が飾られていたのを記憶しています

ところが自分が中学になって気づくと、K君のすがたを見かけなくなりました
そしていつしか彼の自宅もなくなっていました

それから45年、全く消息がわからないまま時が過ぎ去り最初の話題に辿り着きます


実は俊也君が亡くなったのが50年前の3月
今年の女の子の事故も3月
これは何かを暗示させるような気がして居てもたっても居られず、弟のK君の消息を探すことを思い立ったって訳です


彼のお父さんは某有名機械メーカーのご子息
なのでまず、そこのメーカーに事の次第を記したメールを送りました
すると翌朝・・・送ったのが真夜中だったので、まさに数時間後に電話が掛かってきました
「当社会長が偶々青森にいるのでお会いしたい」との事
会長さん曰く「Kさんは自分の従兄弟にあたり、現在は長野で暮らしている」との事
さっそく電話番号を教えてもらい、実に45年ぶりに彼と話をすることができました
(会長さんには、今回長野に行った際にもお世話になり本当に良くしていただきました)


そしてお互いの都合もあって今回の長野訪問になった訳ですが、年月を経たとはいえ、やはり面影はあるものですね
K君のすごく愛嬌のある笑い顔を懐かしく感じました
(K君とはその夜、彼の奥さんも交えて飲みました。どうもご馳走様)

実家へ案内してもらい、やはり45年ぶりにお会いした俊也君、K君兄弟のご両親
お年を召されたとはいえ、お二人ともご健在で安心しました
全く自分のことは覚えていらっしゃらなかったけれども、青森での暮らしを懐かしく話されていました


そして仏壇に線香を手向けた際に遺影が目に入りましたが、当時そのままの姿の俊也君
白黒写真なのが年月の経過をものすごく感じさせて・・・
その後に生きた自分の50年の人生を一瞬で振り返るとは思いもよらなかったよ
だって彼はそれを経験できなかった訳だから・・・
勝手な思い込みなんだけど、彼が自分に何かを伝えたかったんだなって強烈に思った
粗相無くお参りして帰るだけのつもりだったのに、心にガツンときた


今回6月の長野行きは、話がとんとん拍子に決まったわけですが、それは最初から決まっていたような気がしてなりません
今考えると、なんでマイルでは行けない長野まで行ったのか自分でもよくわからないんですよね

長野旅行から帰ってきて
長年心にわだかまっていたモヤモヤがすっかり無くなってることに気づきました


長野行きの話題はブログではサラっと流すつもりでいたんだけど、
誰かに少しでも俊也君のことを知って欲しかったので詳しく書いてしまいました



昭和42年3月18日没
○○俊也
享年6歳

今でも大事な友達です

続きを読む »

| ホーム |


 ホーム