fc2ブログ

プロフィール

snifkin

Author:snifkin
ビジネスクラス搭乗を格安で実践します

snifkin2@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

番外、大学生ふたたび!

IMG_4137_2709.jpg
今日通知が送付されました
ふふっ、合格!


hirodai.jpg
グリーンカレッジといって国立弘前大学が社会人を対象として授業を一部開放するというもの
この10月開校分が最初の募集でした


snifkinはここの文系学部の卒業生ですが、入りたくて入った学部ではなかった事もあり、
授業内容に興味がなくて卒業するのが一苦労でした。

実は娘も今年春にここの農学生命学部を卒業しており、その受験時から在校2年時あたりまで一緒に勉強していました
さすがに専門になる3年時以降はついていけなくなりましたが、その勉強内容は非常に興味をそそるものでした
初めて、勉強することって楽しいんだ!って思えたんです


なので仕事を辞めてもう一回大学へ行こうか?
などと冗談半分に考えていた矢先、これを知り申し込んでみたわけです
週2時限(3時間)を希望したものの、希望者が殺到したとのことで1つは辞退してくれとのこと
平日の授業なので会社を休まなければいけませんが、時間休を取得することで根回し済みです


でもさあ、面接で久しぶりに大学行ったんだけど、浮いちゃって大変(笑)
職場の同僚は笑ってバカにするけど、そんなに可笑しいか?
同じゼミ生だった家内はたった一言、ふ~ん、まともな合格通知なんだね・・・
IMG_4138_2709.jpg
そんな親父に娘が、良かったねって言ってテキストをくれました
娘だけは親父の味方でいてくれます


あはっ

大学生活後期日程終了!

hirodai.jpg
昨年10月から再び通っている弘前大学
今週の授業をもって、後期日程終了しました

週にたった1教科90分だけれども火曜日の最終講義16:00に間に合うためには時間休2時間分必要で、後期15回で30時間+ホームルーム等合計6日分の有給休暇を取得しています
勤務先の社長が理解ある人で助かりました(実はsnifkinの大学の先輩)
IMG_5199_2801.jpg
将来医者になる医学科の60人以上いるクラスに混ぜられて一緒に勉強してきた有機化学、めちゃくちゃ難しかったじょ・・・
(試験の結果は訊かないでね!)
履修ガイドに5段階で最も簡単なレベルってあったけど、あれで簡単なら化学系は絶望
これでも高校時代化学部で副部長だったんだけど・・・
(履修ガイド書いたのはどこのどいつだ!!!)
春からはやっぱ地学だな・・・とか言って来年また同じ事書きそう(笑)


でも勉強そのものは楽しくて毎回一番前の席でワクワクしながら講義に出てました
こんな考えになるなんて一回目の学生だった昔は考えられなかったけど、仕事をしている身からすると勉強だけしていれば良い環境は楽だよね
それが判っているからそういう考え方が出来るんだと思う
何にしても、今までよくあんな事やこんな事を知らないで生きてこられたなあって思ったりして・・・(笑)


実はこれがあるために旅行をセーブしていたんです
あと任期は1年、もう少しがんばって勉強してみようと思います

ふふっ

番外、大学生活その後

IMG_6240_2810.jpg
10月も半ばを過ぎましたが既に後期の授業が始まってます
任期はあと半年


IMG_6239_2810_2810.jpg
木曜日の最終講義
座るのは決まって一番前の左端、それは右利きの先生の黒板の字を見逃さないため・・・
こんな時間の授業しか受けられないのが仕事持ちの辛いところですが
毎回新鮮な気持ちで勉強しています


IMG_6241_2810.jpg
これは弘前大学の学食前ですが
授業が終わる17:30にはこんなに真っ暗
すっげ~寒い


今日から学祭が始まっています

番外、大学生活終了

290301a_2903.jpg
弘前大学グリーンカレッジ1期生
21名入学し、最終的に17名が終了式に参列


290301b_2903.jpg
1年半の期間を無事に終えて、人生2度目の大学生活を終了
希望すればもう1年学習できるし、17名中半数以上がそれを選択したようですが
snifkinはこれで終了
やはり勤め人でありながら週の決まった時間に休むのに苦労しました
グリーンカレッジそのものは続くのでいずれまた再開するかもしれません


ほとんどが自分より年上である同級生との交流
ホームルーム後の飲み会は本当に楽しいひと時でした
そして今後は同窓会という形で一生の付き合いになっていくはずです


大人になってからの大学生活は本当に楽しいものでした

番外、ベテルギゥス

snifkinが大学で本当に勉強したかったのは地学の恒星についてです
今回、地学を学習はしたけれども、以前は一般教養科目と言われた21世紀教育科目
恒星についてはほんのサワリ程度で済まされました
専門課程は公開されていないので仕方ないですね


恒星の一番の関心事はスバリ
ベテルギゥス」はまだ存在するのか?
って事です
oriona.jpg


冬の星座として知られる「オリオン座」の左上に輝く赤い超巨星
その大きさは肉眼で見える全天の星の中で最大
直径は太陽系の木星軌道に達するくらいデカイ星
それが僅か642光年先に存在しています
今見ている光は642年前のもの
日本では鎌倉時代末期の光を見ていることになります


実はそのベテルギゥスの大きさがかなり変化している状態にあることが判っています
この星のような巨星がその最期を迎える際には超新星爆発を起こします
かつて西暦1054年に藤原定家の名月記にも書かれた「かに星雲」の超新星爆発が有名です
今見えるベテルギゥスは洋ナシ状に歪に膨らんだ状態
これは間もなく爆発する兆候だと言われています
ベテルギゥスが爆発する際には満月の100倍くらいの明るさになると予想されています
それが3ヶ月続いたあとには肉眼では見られないくらい暗い中性子星になる予定
実はすでに爆発して星が存在していないけれども、地球にその証が届いていないだけだという気がします


これが現実に起こったなら、昼のように明るい夜が続いてみんなが空を見上げるようになるんだろうな・・・
そんな光景を南の島で見られたらどんなに幸せだろう

なんだかもうすぐその「Xデー」が来そうな予感がします
そのXデーが実は鎌倉時代末期に起こっていて、
その光が642年掛かって到達する先に今の自分が存在する

snifkinが空を見上げる際には飛行機だけではなくそんな事も考えています

| ホーム |


 ホーム