fc2ブログ

プロフィール

snifkin

Author:snifkin
ビジネスクラス搭乗を格安で実践します

snifkin2@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

マイルに嵌ったきっかけ(その1)

最初にマイレージを登録したのがノースウェスト航空NWのワールドパークスWPでした。

平成03年04月に家内とNWAの格安ツアーでハワイに行った時に機内誌に申し込み用紙があり、ホノルルの空港のカウンターで何気なく入会しました。
帰国時に加算するのを忘れた為片道分3,887マイル分だけがずっと残高としてありました。

取り敢えず入っておこう位の何気ない気持ちだったと思います。
当時は片道だけの特典やツアーでもアップグレード出来たり今と比較すると夢の内容ですが、胡散臭い気持ちだった事は確かです。

次に自分史にワールドパークスが登場するのが平成12年なので実に9年間も残高が残っていた事になります。

この頃我が家でもインターネットを使い出し、最初に見ていたのが海外旅行記でした。その中でマイルが頻繁に目に入りこれを貯めない手は無いと思うようになりました。

時を同じくしてNWAと提携関係にあるコンチネンタル航空COが今の主力機であるボーイング777で北米周遊の安いチケットで参入してきたのです。
さらにそのチケットには北米経由欧州行きがありその金額58,000円!
気づいたのが期限ギリギリだったためすぐに予約しました。

取り敢えず欧州は行った事がなかったのでベルギー、チューリヒ、アムステルダムの3ヶ所の内取れる所ならどこでも良いという事で取れたのが成田発ニューアークEWR(ニューヨーク)経由ベルギーでした。

帰国便は3日後のベルギー発ニューアーク経由マイアミ1日滞在、マイアミ発ヒューストン経由成田行きでした。
全行程22,000マイルで総飛行時間60.5時間の長旅です。

飛行機好きで酒好きの為機内で過ごすのは苦になりませんが、当時猿岩石の行き当たりバッタリの旅がテレビで放映されており、自分も何とかなるだろうとベルギーのホテルを予約しなかったのが裏目にでました。

ベルギーがフランスの隣位の知識しか無く地図さえ持たずに出発しましたが、現地の4月は観光シーズンど真ん中でホテルはどこも満室で、朝8時に空港に着いてから最終的に見つかったユースホステル(のシングルユース)へチェックインしたのは夕方7時過ぎでした、疲れたあ。

マイルに嵌ったきっかけ(その2)

予備知識なしで行った為にベルギーがどういう所なのかさっぱり分からず過ごしました。宿はグランプラスに近かったのでその周辺は隈無く見て歩いたつもりでしたが、すぐ近くに行ったにも係わらずに小便小僧は見ていません(ある事を知らないから)。
またやたらワッフルを食べてる人が多いな、とか感じてました(笑)。

多分3日とも夕食時はパブでピザを食べながらビールを飲んでました。ビールが美味しいのは飲んで分かってましたけど、ベルギーがビールでも有名なのは帰国してから知りました。

また当時ユーロがクレカ等では使われ始めており78円でした。今の半分以下だったんですねえ...

一番困ったのが英語が通じなかった事。これは帰国時に立ち寄ったマイアミ(スペイン語)でもそうでしたが、英語は共通語だと信じていた自分には強烈な経験でした。

マイルに嵌ったきっかけ(その3)

機内で過ごしたのが60.5時間でしたが、もともと飛行機が好きでただ酒が飲めて封切り映画が10本も見られる環境、それに仕事の電話が一切掛かってこない環境はある意味天国です。

でもそういう考え方が出来ないと旅行が辛いでしょうね。
実は今は別な理由で特に訪米の際に憂鬱になりますがそれは別の機会に書き込みしようと思います。

帰国後にマイレージを確認するとWP22,000マイル程加算されていました。
58,000円でWP22,000マイルなので1マイル約2.3円。
ANAやJALのマイルをメインで貯めている現状では1マイル5円切るのも大変なので当時はすごく徳した感じです。

マイルを貯めて一番良かったのがWPがJASと提携していて国内線往復をWP10,000マイルで発券可能だったという事に尽きます。
snifkinの住む青森県は陸の孤島みたいな所で東京に行くのがお金の面で非常に大変でした。最低でも往復30,000円以上掛かっていました。
それが58,000円のチケットで欧米旅行してきてさらに東京2往復可能であるのは衝撃です。チケット代が無料みたいなものですから。

自分の家内はスーパーのポイント集めに熱中していますが精々100円で1円程度の還元率でしかありませんが、これは100%以上も可能なんです。

嵌らない訳がありません。

マイルに嵌ったきっかけ(その4)

嵌るもう一つの大きな理由に上級会員制度があります。

限られた期間に沢山飛行機に乗ると乗った距離に応じてシルバー、ゴールド、プラチナカードが貰えるというものです。

WPですと1月から12月の間に25,000マイル乗るとそのすぐ後にシルバーカードが送られて来てマイレージが1.5倍多く加算してくれ、米国内線搭乗時には空席があればファーストクラスにしてくれるというものです。

この年最初のベルギー行きフライトで22,000マイル乗ったので後3,000マイル必要です。
最初このシルバーを目指しました。

その為に選んだ地がシンガポールSINです。11月初旬に行きました。
青森から羽田までのJAS便往復をWP10,000マイルで特典航空券を手配し、ノースウェスト航空のサイトで予約したSIN往復のチケットの行きだけをWP10,000マイルでアップグレードしました。

成田NRT-SIN間3,324マイルなので往路登場で晴れてシルバーカード基準達成です。

当時上級資格認定には2日程度掛かったのですがちょうど現地滞在2日中にカードは無いものの認定されていました。これが認定されない内に帰国便に搭乗するとボーナスマイル50%分損をするのです。

ビジネスクラスへのアップグレードでしたが、実際はSINへ行く直前にノースウェスト航空がファーストクラスを撤廃したので以前ファーストクラスだった座席に座る事が出来、最高に贅沢な経験だったと思います。

帰国後はマイル残高は消費して少なくなっていたものの、実飛行距離は30,000マイルに手が届く所までいっておりました。

マイルに嵌ったきっかけ(その5)

実飛行距離がシルバーの次の基準であるゴールドの必要マイル数には22,000マイル程足りないのです。

暮れも近くなっていたので旅行に行けても後1回で何とかしなければいけません。
あまりの大盤振る舞いに米国経由欧州行きのCOのチケットは既に設定が無くなっており、次に考えたのが同じCOの米国4ヶ所周遊チケットです。

成田からニューアークEWR又はヒューストンIAH(両空港がCOのハブ空港となっています)を経由して米国のどの地点でも4ヶ所行けてさらに52,000円というもの。
実際には次のコースで予約出来ました。

12年11月30日成田NRT-IAH-シアトルSEA
  12月01日SEA-EWR
  12月01日EWR-ラスベガスLAS
  12月02日LAS-EWR
  12月03日EWR-
  12月04日 -NRT

もちろん青森AOJ-羽田HND往復はJAS便をWP10,000マイルで特典航空券を発券しました。その区間を除いた総飛行距離が約22,000マイルで晴れて翌々年2月までのゴールドカードを手にする事が出来ました。

ゴールドカードを持っているとシルバーカードの特典の他にマイルが2倍となり、ラウンジで酒を飲みながらくつろぐ事が可能です。

snifkinはこのラウンジに憧れていました。

この旅行中はシルバーカードなのでラウンジには入れなかったものの米国内線のすべてをファーストクラスにしてくれて最高の気分でした。
またこの同じ日にメジャーリーグのイチローが最初のシアトル入りしています。

この時はWP35,000マイル程加算されています。  

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ