fc2ブログ

プロフィール

snifkin

Author:snifkin
ビジネスクラス搭乗を格安で実践します

snifkin2@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

マイルの最大活用(その1)

マイルの最大目的はずばり無料航空券への交換ですが、実は色々な特典が用意されています。
過去に実際使った事のある方法を書いてみたいと思います。

毎年恒例の家族旅行はこの年ハワイに行く事にしました。

15年04月01日AOJ-HND
  04月01日NRT-HNL
  04月04日HNL-
  04月05日 -NRT
  04月06日HND-AOJ

AOJ青森
HND羽田
NRT成田
HNLホノルル

DSC00277.jpg

家族4人上記のルートでAMCのマイルを使って予約しようと思いました。日本-ホノルルに必要なマイル数はエコノミークラスで大人も子供も一人AMC40,000マイル必要です。しかしながらマイルは約AMC90,000しかありません。これでは二人分です。


そこで夫婦がマイルが貯まるGET運賃を使って予約し、子供達二人はマイルで予約する事にしました。


ところがマイルの使い道にクーポン券に替えて金券として使用する方法があります。AMC20,000マイルが30,000円になります。
さらに当時子供達が二人とも小学生だったのでGET28が子供割引25%引きで買えるのです。

青森-ホノルルが60,000円だったので割引後に45,000円になり二人で90,000円。これをクーポンで払うとAMC60,000マイルで済む事になります。

これの利点はマイルが少なくて済む事以上にマイルが貯まる事にあります。


ただ一つこの方法に欠点があるとすればキャンセルしても払い戻しが受けられない事になりますが、そもそもGETは払い戻しを期待出来ない運賃なので良しとしました。

マイルの最大活用(その2)

マイルの特典にアップグレードというのがあります。

エコノミークラスのチケットをアップさせてビジネスクラスにする。
あるいはビジネスクラスのチケットをアップさせてファーストクラスにするものです。

実は後者の方が、その料金差からメリットが多いという人が居るそうですがsnifkinはそうは思いません。
最近のビジネスクラスはファーストクラス並みになっていると良く聞くし、A社のファーストクラスがB社のビジネスクラスより劣る話も良く聞きます。snifkinはある程度のリクライニングが可能でありエコノミークラスでなければそれで幸せです。

少し内容を外れますが、snifkinは純粋なファーストクラスには乗った事はありませんが、ビジネスクラスにアップグレードさせた時にファーストクラスの座席に乗った事はあります。それはビジネスとエコノミー2クラス運行便の内、ファーストクラスのある機材運行便を狙って搭乗し、そして早めにチェックインする事で可能になります。

今は残念ながらルール変更になったので無理ですが、たとえば香港往復の安い悟空運賃、たとえば札幌-成田-香港の往復44,000円のエコノミークラスをJMB20,000マイルでアップグレードした事がありました。申し訳ないほど快適でした。

マイルのみを使用してビジネスクラスを発券すると40,000マイル必要ですが、アップグレードは半分で済むうえにエコノミークラス分のマイルがまた貯まります。
この時はすでにサファイヤカードを持っておりマイル100%アップもあったので往復8,238マイル加算されております。

マイルの最大活用(その3)

アップグレードの続きですが、ジャルマイレージバンクJMBの日本-米国間に必要なマイルはJMB50,000です。
サファイヤカードを達成した人がエコノミークラスの以下のルートのチケットを購入した場合を想定してみます。

CTS-NRT
NRT-JFK
JFK-NRT
NRT-CTS

CTS千歳
NRT成田
JFKニューヨーク

エコノミークラスは100%加算ですが、非常に高く現実的ではないので、ここでは割引運賃を想定すると国際線70%国内線100%加算となります。
さらにサファイヤボーナスが100%なので以下のとおりとなります。

511x2+4716+6737+4716+6737+511x2=JMB24,950マイル

アップグレードは片道ずつでも可能なので最初のアップ分を用意出来れば毎回片道はアップグレード出来る計算です。

でもその場合は帰国便にしましょう。
偏西風の影響で渡米時より帰国時の方が搭乗時間が長いからです。

過去にはニューヨークから成田まで17時間以上を要したフライトも経験しています。個人用TVをみても常時750Km程度のスピードがやっとの状態でした。逆にその渡米時(到着地はヒューストンIAHですが、ニューヨークとほぼ距離は同じ)には瞬間1,365Kmを記録し、11時間程度で到着しています。

逆に東南アジアや欧州への旅行時には「行き」という事ですね。

過去にはJMBでは悟空運賃、AMCではGET運賃でもアップグレードが出来ましたが最近は一部を除き出来なくなりました。
snifkinはその後でもアップグレード可能だったバンコクやシンガポール発券なども利用していましたが、今年からそれもアップグレードが出来なくなりました。
まさにルール改変とのいたちごっこといったところです。

今唯一海外発券でJMBのアップグレード出来るのが台湾発券ですが、これも時間の問題でしょう。

マイルの最大活用(その4)

厳密にはマイルの特典という訳ではありませんが、マイルをホテルチェーンのポイントと交換するという方法があります。

ワールドパークスWPと提携しているコンチネンタル航空CO便に乗ってWPにマイルを沢山貯めましたが、コンチネンタル航空自身にも別のマイレージクラブがありワンパスOPといいます。

ルールはWPとほぼ同じですが、snifkinは家族を紹介(@OP5,000マイル)して入会させる等して貯めたOP25,000マイルを保持しておりました。
いつか太平洋の島であるマジュロに行きたいと思っていましたが、予約が全く取れないのでルール改悪の噂が出た際に提携先のヒルトンホテルの会員組織であるヒルトンHオーナーズHHのポイントに交換する事にしました。

OP1マイル->HH2ポイントのレートでHH50,000ポイントです。
HH40,000ポイントで東京ベイヒルトン等1泊可能です。

常々航空チケットの特典の方が価値が高いと思っていましたが、この時点でのHHルールでHH100,000ポイントでホノルルのヒルトンホテル6泊出来る特典が存在したのです。それを目指しました。その後ルールが変わりHH175,000ポイントに引き上げられてしまいました。

どこのポイント制度もマイレージ制度もそうですが、最初に美味しい話で釣っておいて利用者が多くなるとルール改悪といういたちごっこです。でも経営側も利益を睨んでの事なので仕方ないですね。

それがきっかけなのか理由は定かではありませんが、いきなりヒルトンHオーナーズゴールドカードが送られて来ました。
考えられる一番の理由はその時点でAMCの上級会員であるサファイヤカードとそのクレジットカード会員であるスーパーフライヤーズカードSFCの所持者だったからかもしれません。

飛行機に乗ってマイレージを貯めている人にとってホテル宿泊は必要不可欠で、その特典の魅力もあってヒルトンのHH会員になっているマイラーは多いと思いますが、snifkinもかねてより会員ではありました。

年間25滞在しないと貰えない資格で、いつかはまとめて宿泊して達成したいと思っていただけにすごく嬉しかったです。
朝食無料だったり、部屋をアップグレードしてくれたり中々使えるヤツです。

これによって以後のホテル選びにはヒルトンは最有力になりました(笑)。

そんな訳でこのHHポイントはその後の加算もあり、父親が大学の同窓会出席の為に東京に行きたいというので東京ヒルトンを予約してあげてHH-40,000PP、成田ヒルトンに家族海外旅行時の前泊等で3回4泊HH-40,000PP使用しています。

残念ながら現在はワンパスOPからヒルトンHオーナーズHHへの交換は出来ません。

マイルの最大活用(その5)

国内線の航空券の予約は搭乗予定日の2ヶ月前からの受け付けなのでそれ以前の予約は通常出来ません。
これは特典無料航空券でも条件は同じですが、面白い方法があります(まあ参考例としてね)。

国際線の特典無料航空券を利用するのです(有償航空券でも可能ですが)。
JMBの国際線の特典航空券は330日前から予約出来ます。これは国内線の乗り継ぎも含みます。

今日予約すると来年の06月17日までの予約が可能です。
例えば20年06月01日AOJ-HND
     06月02日HND-GMP
     06月02日GMP-HND
     06月03日HND-AOJ
AOJ青森
HND羽田
GMP金浦(ソウル)

この方法の欠点は国内乗り継ぎ時の滞在が24時間しか出来ない事ですが、ソウルの行きと帰りに2回24時間以内の猶予がありますので用事によっては使える方法ではないでしょうか。

また上記ルート例では当日にソウルを折り返していますが、これをマイラーはソウルタッチと呼び、多くの場合乗って来た飛行機にそのまま乗って帰ります。
当然CAさんも同じ人の可能性が高いので非常に恥ずかしい思いをすると思います。
でもsnifkinを含め一部のマイラーはこれを恥ずかしいとは思わないのです。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ