fc2ブログ

プロフィール

snifkin

Author:snifkin
ビジネスクラス搭乗を格安で実践します

snifkin2@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

次の旅行先の物色中

両親に京都旅行を予約してあげたら自分もどこかに行きたくなりました。

12月08日から2泊3日でソウルに行くのは決まっていますが、その前にどこか行きたい。

でも先日のバンコク旅行でビジネスクラスにインボラされて気をよくしてJALのサファイヤ資格の50,000ポイントを目指そうとしましたが、残り2ヶ月ではちょっと無理なのできっぱり諦めて単純に旅行を楽しむ事に決めました。

今のところシンガポール、香港、台北が有力です。
シンガポール<台北<香港の順にツアー料金が上がりますが、
香港<台北<シンガポールの順に燃料費加算が上がるので、トータルするとどこも大差なくなります。

この内香港は、香港側で政策的に燃料費の増額を認めないことが一番安い理由になっています。
それを認めて料金がアップして観光客が減るのを懸念してるのが真相らしいです。

他の国もそうすれば良いのに...

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカード

wonがまた安くなったよ!
10,000円→153,000wonだって!
先日10万円を1,318.000wonに替えたばかりなのに
最近の経済は過去の経験を全く無視してる感じがする

そろそろ足裏マッサージにバンコク行こうと思ってたら空港に戒厳令が敷かれてヤレヤレと思ってる最中インドのテロで日本人が殺されるし
思えばアメリカの同時多発テロを境にしていろんな事が起き、インド以外では自分も巻き込まれる可能性があっただけに今後は旅行を控えようかなとも思ってる

飛行機に無料で乗るためにマイルを貯め出したけど最近は無料航空券が無料ではなくなっており、航空会社を選ばなければお金を出して乗る方が安い場合もあるだけにマイルを貯める意欲が薄れてる

次はホテルのポイントかな?

マイルを貯める為に飛行機で旅行すると必然的にホテルにも泊ることになり、最初は渡米が多かったので必然的にヒルトンやシェラトンといったチェーンホテルに泊る機会が多く、そこでもやはりポイント制度が存在して美味しい思いが出来たんですよ

きっかけはヒルトンから送られてきたヒルトンゴールドカードでした
何故送られたのかは未だに不明ですが、ありがたく頂戴しました

これがあると朝食がただになり、部屋をアップグレードしてくれるし、プールやフィットネスも無料、さらに部屋にフルーツやチョコレートを届けてくれたりして非常に重宝しました
通常年間25滞在(25泊ではない)しないと手に入らないし維持できないので必然的に翌年以降は格下げになり、しばらくヒルトンとも遠ざかっておりました

実は[クレジットカード]に加入する事によりヒルトンゴールドカードを手にする事が出来ます

12月1日をもってポイントが失効(1年間利用無い場合)するとの案内がヒルトンからメールがあり、良い機会だと思って加入を決めました

でも年会費が13,650円→8,400円に値引きしてくれるものの、JALのJGCカードが12,600円とANAのSFCカードが12,862円で合計33,862円も掛かるのは痛い

でも元は取りますよ、絶対!!

パスポート更新

先日のグアム旅行は結局インボラアップグレードは叶いませんでした

でも滞在したヒルトングアムでは、最低の部屋の予約にもかかわらずエグゼクティブタワーの11階にしてもらえ、ラウンジ利用も可能でした
息子が14歳なので18歳以上の規定にかかって結局ラウンジは利用しませんでしたが海の見えるいい部屋で大満足
「なんちゃってヒルトンゴールドカード」でも威力炸裂!
今回1回で年会費の元は取れました

天気も最高で息子とプールや海で過ごしたので大分焼けました


JALグアム便の行きは空席が結構あったので無理だったのですが、帰りはエコノミーがほぼ満席で掲示板等の書き込みを見るとインボラされた人もいるので、もしかしたら4月になってステータスが1ランク下がったのがインボラアップグレードされなかった原因かもしれません

現在は素のJGC(クレジットカードだけでランクを維持してる身分)なので、アップグレードポイントも貰えるのでそろそろ修行して1つくらい上げなければ...

とはいえ最低ランクの30,000ポイントでも国際線で地球1周以上の搭乗距離...現在は2月のバンコク行きで稼いだ5,692ポイントしかないので先は長いです

本気で稼ごうと思うなら、アメリカ本土か欧州行きを考えなければ無理かな...


今回グアムの入国審査で係官からそろそろ期限が切れるよと指摘があったパスポートは9月10日が期限
アメリカ等は滞在日までの期限があれば大丈夫ですが、5月4日に迫ったバンコク行きでは6ヶ月以上の余裕が求められるので、早速更新手続きしました
4月17日に交付になります
もちろん10年パスポート...でも16,000円!高けー

8割がた埋まったスタンプがリセットされてまた1から出直しです

今度はどこまで埋められるか...

中学同期会

昨夜は久しぶりの某国立附属中学の同期会出席でかなり飲みすぎて今日一日ダウン

その会に、2月に大阪経由でバンコクに行った際に伊丹空港で出会ったK君も来てました
同期会は小規模ながら不定期に年に数回行われるいわば単なる酒の飲み会ですが
その彼は何とそれに出席する為だけに東京から飛行機で駆けつけたとの事
なんとも有難い奴です

それも自分へお土産を持ってきてくれてました
それがJALのファーストクラス搭乗の際に配られるアメニティーの入ったポーチです

彼は年に数度欧米を行き来するビジネスマンで、必ずビジネスクラス以上に搭乗するのですが、ある時にはアップグレードクーポンを使用し、ある時はインボランタリーアップグレードだったりでファーストクラスにも乗れるとの事
それはsnifkinが毎回エコノミークラスに搭乗してビジネスクラスにアップグレードするのと同様です

snifkinはファーストクラスの座席に座った事はあるけれども、それはファーストクラスの座席が有る機材をビジネスクラスとエコノミークラスの2クラスで運行される便を狙ってその座席に座っただけであり、厳密にはファーストクラスではありません
従ってファーストクラスのアメニティ-など絶対に手にする事は出来ないことになります

中々、憎いことをしてくれるねK君!

そのK君が伊丹空港で声を掛けてくるという事はこのブログを見ている筈なので、やはりこのブログでお礼を言います

マイル談義で盛り上がったし、H先生も来てくれて楽しかったね
ありがとうK君、今度はこちらが東京に会いに行きます
その時はまた飲みましょう!

マイルの話題なし

当分旅行の予定がありません
そこでちょっとマイルの話題から脱線します
----------------------------------------------------
お盆休み中は家族が実家で過ごすのでいつも一人暮らし
今年はさほど暑くなく天気も良かったので庭仕事で二日を過ごした
終わった後のビール美味かったあ…

庭は30坪ありますが、そのすべてが芝生です

最初は洋芝を種蒔きしましたが、絶えず水やりが必要であまりの水道料の高さに最初の夏に断念しました
全て手作業で剥ぎ取り、水やりの不要な姫高麗芝を張りました
そして10年後、近所でも評判(通行人に良く声を掛けられる)の芝生の庭になりました

本来姫高麗芝は芝刈りが不要ですが、毎週刈り込む事で上に伸びることを断念して地下の根を伸ばすようになります
こうして密になった根をターフといいますが、ターフが出来ると雑草の生える余地がなくなります

2年前まで毎週土曜日に2時間掛けて芝刈りしてましたが、マンションを買ってから芝生の管理が疎かになっていて荒れ放題でした

そこで2日掛けて雑草を取り除いた訳です
荒れていると思った庭も雑草がなくなると結構綺麗に見えます

姫高麗芝だからこれで済みましたが、これが洋芝だったら元々米科の植物なので刈り込みをサボると葉が伸びて茎を形成し田んぼの稲穂のようになって二度と元の状態に戻らなかったと思います
欧米のお父さんが庭の手入れを欠かせないのもその理由です

奥に見えているのが11年前に手作りした8畳大のウッドデッキ
材木をレッドシダーとレッドウッドだけで作ったので材料費だけで30万円以上掛かっています
これも毎年春に防水のための塗料を塗る必要があります
最初は面白かったのが今は面倒なだけですね

以前はその上にハンモックを吊って寝ていましたが、ホームセンターで売っているものは紫外線に弱く2年程度で駄目になるので昨年4代目を廃棄して現在はただの台となっています

ついでにマイコペンの写真!

車の奥に扉が二つ見えているのが2畳大の物置
これもツーバイフォー形式で手作りしました
扉も手作りですが、これだけは既製品の方が良かったと後悔しています

手前の柵も手作りですが、こうしてあらためてみると木製が多いですね

その理由は家が鉄骨で出来ている為でしょう
この家を建てる直前に阪神淡路大震災が発生し、木造家屋が多数倒壊した映像が影響しています
さらにこの家は札幌の工場で作られたプレハブで厚さ9センチのウレタンをサンドしており冷蔵庫並の断熱性能があるそうです
実際11月の末に暖房のスイッチを入れて4月末までつけっぱなしにしていますが、それ以前に住んでいた木造の家より大きいにも関わらず灯油の消費量は同じ程度で済んでいます

とはいえ自由度の高い分木造家屋にすれば良かったと後悔…
その結果、8年前に自分の両親にツーバイフォーの家を(自分の手で)建ててあげる事になりますが、話が長くなるのでそれはまた今度…

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ