プロフィール

snifkin

Author:snifkin
ビジネスクラス搭乗を格安で実践します

snifkin2@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

29年3月南大東島へ(初日-滞在2日目)後編

IMG_8161_2903.jpg
島の散歩をして足がおかしくなったのでシャワー浴びて少し回復
では、今回の最大の目的地である居酒屋ちょうちんへ行きましょう
宿泊先のホテルよしざとから徒歩30秒


IMG_8162_2903.jpg
すでにカウンター席しか空いてなくて、もちろんカウンターへ
そしてマスターに予約しておいた「インガンダルマ」のフライ
たっぷり盛られたマヨネーズでいただきます

ひゃ~、ひゃ~、ひゃ~、美味いです!!
なんだか口の中がべちょべちょになるくらいアブラでいっぱいになります
このアブラを人間が消化できないので翌朝大変なことになるから気をつけろって事なんですよ
意識しないうちにおパンツを汚してしまうんだと・・・
それをもし飛行機の機内でやっちまったら、人としてやっていく自信をなくしてしまうと思う

フライってのが意外だったけど、それはマスターが魚の状態を見て判断した結果でしょう
snifkinはここのマスターの大ファンです
それに沖縄本島のホテル料理長も経験した方
なのでフライがでてくれば黙ってそれを食べるのみ

これには脱帽しました
前評判が良いと、少し引いてみてしまう性格ですが、これは引いてみても美味しい魚でした

でもこれは裏メニュー
保健所の指導で流通させてはいけない魚
ブログに書いてしまうのもどうかと思いますが、
事前に電話で無理にお願いして食べることが叶った魚って事で・・・


IMG_8163_2903.jpg
(写真掲載についての了承は得ています)
と、ここでその様子を見ていた方に声を掛けられました
仕事仲間で宴会をされていた親方
それは前回も一緒にお酒を飲んだ方でもある、沖山さんでした
写真左手前の出来上がりつつあるお顔のお方
ひとりでカウンターに居ないでこっちで一緒に飲もうというお誘い
そういうのが大好きなsnifkinはもちろんご一緒しました


そういえば、今回ここへ再び来る直接の理由となったカズキさんが居ない
彼は岩手県出身の30代、前回一緒にカラオケまで付き合ってくれた相手でした
4月には沖縄本島へ行ってしまうので来るなら3月中に来てくれ、また飲もうってことで今回の訪問となったのでした
実は彼は江戸へ行ったのでした
昔からの夢が歌手で、夢を捨てきれないからもう一回挑戦したい
親方である沖山氏にそう告げて江戸へ行ったとの事・・・

それはすごい、夢を諦められなくて行動を起こすとは大したものです
3月にまた来るという口約束だけで電話番号すら交換していず、彼がこちらに連絡しようにも出来ないのでした
連絡したかったけど出来なかった
そう思いたい



IMG_8164_2903.jpg
沖山さんは、別のブログでの話題にも登場する、246cmものバショウカジキを磯釣りしたお方でもあります
前回もそうでしたが、一緒にお酒飲むと、盛んに釣りに誘われます
次回の訪問も約束させられて、9月22日にあるこの島の祭前夜祭で神輿担いでもらうってさ・・・

こりゃあ、また行かなきゃならなくなりました
それにしても、北大東島行ったことなくて南大東島だけ3回行く観光客って居るのか?

泡盛の水割りをジョッキで5杯は飲んだと思う
それにこの後マグロの刺身も注文したのに会計が2500円って、どういうこと?

美味しいお酒に美味しい魚、そして人懐こい現地の方
移動手段に何万円掛かってもすぐに元が取れると思う


10時前に店を閉めるというので沖山さん一行と別れ、
かなり酔っ払ったマスターに連れられてスナックへ行きました
この後の記憶があまり無いのですが、
翌朝はホテルの部屋で目覚めたのでちゃんと帰ったようです


ところでおパンツは大丈夫だったのか?
・・・
あはは

続きを読む »

29年3月南大東島へ(初日-滞在2日目)前編

これは南大東島への2度目の訪問記であると同時にRAC861便の搭乗記録でもあります
IMG_8077_2903.jpg
利用したのはJALのマイルであるJMB
通常期なので、前回より3000マイル多い12000マイルで往復特典航空券を発券しました
さらにそのマイルはハピタス約21500ポイントを移行して得られたもの
それはすなわち21500円ということですが、往復割引しか存在しない路線で3万円以上なので仕方ありません


IMG_8063_2903.jpg
青森から伊丹を経由して那覇に来ましたが
昨夜は東横イン美栄橋駅へ宿泊しておりました
今18度C、この時期にしては記録的な寒さだそうです


IMG_8044_2903.jpg
那覇市内の移動はゆいレールが便利ですが、今回は一日切符を700円で買っております
那覇空港駅に到着後は、その切符を・・・(以下自粛)


IMG_8064_2903.jpg
何時きてもごった返してる印象の那覇空港
特に修学旅行生を見ない事はほとんどありません


IMG_8066_2903.jpg
荷物検査終了後は滅多に行かない左のJAL側へ


IMG_8067_2903.jpg
前回は改修中で入れなかったJALさくらラウンジへ入ります
今回搭乗するRAC便はJALの子会社なのでさくらラウンジを利用できます
これはsnifkinがジャルグローバルクラブJGC会員だからなので悪しからず


IMG_8069_2903.jpg
そして朝からビール!
う  ま  い  !


IMG_8070_2903.jpg
でもそんなにゆっくりはしていられない


IMG_8074_2903.jpg
バスを利用しての搭乗なので若干早く向かわなければなりません


IMG_8076_2903.jpg
程なくして搭乗開始


IMG_8079_2903.jpg
生暖かい風が吹く中搭乗機体へバスで到着しました


IMG_8078_2903.jpg
50人乗りですが、結構埋まりそう


IMG_8080_2903.jpg
搭乗したのはデハビランドDHC8-300型機
たしかこの会社は水上飛行機製造からスタートしたカナダの会社だと思う
で、ダッシュエイトという通称があります


IMG_8081_2903.jpg
座ったのは2K右窓側2列目席
ここは非常口席で珍しい対面座席のある空間


IMG_8082_2903.jpg
CAさんと同じように、後ろ向きに1Kに座ってみましたが断念
えっ?恥ずかしいからではなく、写真を撮るために前を見たいからでした


IMG_8083_2903.jpg
駐機場は海上自衛隊那覇基地のすぐ横
snifkinのような軍事オタクには堪りません
ああっP-3Cが!


IMG_8085_2903.jpg
定刻より若干早くドアが閉まり出発です


IMG_8086_2903.jpg
滑走路に正対します


IMG_8087_2903.jpg
スタンディングテイクオフでの離陸開始


IMG_8088_2903.jpg
ぐわ~っと身体が後ろに持っていかれます


IMG_8090_2903.jpg
あっという間にこんな高度
ジェット機並みの上昇力


IMG_8091_2903.jpg
那覇市内を一望しながら左旋回
そして直後に雲中飛行


IMG_8093_2903.jpg
雲を抜けて巡航高度に達しました
機長アナウンスでは高度17000フィート約5100m
大気速度630kmで順調に飛行中だと


IMG_8095_2903.jpg
離陸から40分ほどで島が見えてきました


IMG_8099_2903.jpg
滑走路を視認しつつ右旋回


IMG_8101_2903.jpg
プロペラのピッチを下げて
グンと減速します


IMG_8102_2903.jpg
ここは島の北側海岸線
8マイル先に北大東島が見える場所です


IMG_8103_2903.jpg
引き込まれそうな青色
ダイトウブルーって言います
島の周りぐるりが4000mの深さ
そして富士山よりも大きな山があってそれが偶々海底に聳えていた
と考えればダイトウブルーは空の色ですな


IMG_8104_2903.jpg
いつ来ても波が荒いですな


IMG_8105_2903.jpg
もう着陸寸前
この辺りに某化粧品会社の施設があるはず


IMG_8106_2903.jpg
VOR航空無線標識施設脇を通過してタッチダウン


IMG_8107_2903.jpg
この空港は誘導路が無いので停止後に向きを変えて滑走路を戻ります


IMG_8108_2903.jpg
特徴的な南大東島の建物が見えてきました


IMG_8109_2903.jpg
観光よりも地元の地域交通を支える大事な路線
なので観光客はほんの僅か
路線バスのような雰囲気です


IMG_8110_2903.jpg
気温は23度C
今の時期にしては肌寒いそうです
空港へはホテルよしざとのお父さんが迎えに来てくれました


IMG_8117_2903.jpg
3ヶ月ぶりのホテル到着
今回は朝食付きシングルルーム1泊7560円也


IMG_8111_2903.jpg
ホテル正面側の301号室
朝日の差す側です

てっきり角部屋かと思ったら隣に部屋がありました
そしてそれは300号室・・・えっ?
普通は1から付番するよなあ・・・


IMG_8112_2903.jpg
少~しかび臭いかな・・・


IMG_8113_2903.jpg
ツインルームのシングルユース


IMG_8114_2903.jpg
部屋の広さは申し分なし


IMG_8115_2903.jpg
この部屋はシャワーしかありません
そしてそれは島の標準なんだとか

IMG_8123_2903.jpg
そろそろお昼時
前回はここで食べました
今日はもっとガッツリいきたいな


IMG_8119_2903.jpg
ならここです
で、今回の目的の場所


IMG_8120_2903.jpg
マスターひさしぶり!
でも今は調子が悪いんだと
えっ、働いてて大丈夫なの?
でもそれはお酒飲んでないから・・・だと
(もっともな理由ですな、snifkinもいつもそうです)



IMG_8121_2903.jpg
でた~トンカツ定食600円!すごいボリューム
そして肉の質が非常に良くて美味しかったです
味噌汁じゃなくて沖縄そばがあるのは南大東島らしいです


IMG_8124_2903.jpg
今日は良い天気
前回が悪かっただけに散歩してみたくなりました
沖縄といえばシーサーですが、この島でそれを探すのは苦労します


IMG_8125_2903.jpg
村役場と郵便局


IMG_8126_2903.jpg
ただふらふらと目的もなく海を求めて歩きます


IMG_8127_2903.jpg
そしたら前回発見できなかった遊歩道みっけ


IMG_8128_2903.jpg
ほう、風情がありますな


IMG_8129_2903.jpg
それにしても暑い


IMG_8130_2903.jpg
延々30分以上歩いてます


IMG_8131_2903.jpg
ようやく到着か?


IMG_8132_2903.jpg
ここは旅客船の接岸場所
港が作れないので、あのクレーンでプレハブ小屋を吊って旅客を降ろすんだとか
自分で体験したいところですが、それには那覇から15時間船に揺られなければなりません
う~ん、パス!


IMG_8133_2903.jpg
それにしても観光客が全くいない


IMG_8135_2903.jpg
ふ~ん


IMG_8134_2903.jpg
こんどはずっと向こうのあそこへ行きましょう


IMG_8136_2903.jpg
また30分以上歩いてきました
「塩谷海岸」
前回も雨の中観光しました
それはまさにシケの中


IMG_8137_2903.jpg
ダイナマイトで岩を掘って作った岩のプールも今日は泳げそう
水も温くて28度くらいありそうです
泳がないけど・・・


IMG_8138_2903.jpg
南側の海


IMG_8139_2903.jpg
沖縄本島のある西側の海
いずれもすぐに4000mの深海だっていうところに魅力を感じます
実際海釣りの客は多く見かけました
普通は船釣りでしか掛からない大物が磯釣りで釣れるのが魅力だと


IMG_8140_2903.jpg
東屋で少し休憩
実はこの時足裏に水ぶくれが出来つつありました
しかし太ったなあ・・・
やばい何とかせねば


IMG_8150_2903.jpg
もう海は満足しました


IMG_8152_2903.jpg
ここから島の中心部にあるビジターセンターへ向かったのですが、途中で足が動かなくなり休憩しながらの散歩
その証拠に余裕がなかったので写真が無い
無理せずに自転車借りればよかったじょ


IMG_8153_2903.jpg
で、到着40分前に閉館してた
ネットの情報ってあてにならないですな


IMG_8156_2903.jpg
で、失意の中トボトボ歩くsnifkin


IMG_8155_2903.jpg
途中でいっぱい見かけるのがカエルのせんべい
1日で100匹以上見ます(笑)


IMG_8158_2903.jpg
途中マンゴーを栽培してたり


IMG_8160_2903.jpg
公園があったりして夕方6時前にホテルへ着きました


minamidaitosanpo290317.jpg
幸い足の水ぶくれは破れなくて事なきを得ましたが、歩けなくなった事を実感
若い頃なら1日ずっと歩いても平気でしたが、今回の10キロ程度が限界
それは身長が同じなのに体重が20キロ弱増えたのが一番の原因でしょう


お腹空いた~

那覇へ向かう機内にて

IMG_1365_2903.jpg
上記は伊丹から那覇への搭乗券

IMG_1412_2903.jpg
座席は6K右窓側普通席前から2番目
この路線は観光路線であり、通常日本列島を右側に見ながら南下するので特に右窓側席から埋まります

IMG_1418_2903.jpg
snifkinは沖縄方面に良く行きますが、中々右窓側席を指定するのが困難で、運良く座れても曇っていたりで碌な写真が撮れていません
今回は天気も良いので特に気合が入っておりました

IMG_1416_2903.jpg
当初の案内で満席ということが判明していたので、さっさと優先搭乗をして出発を待っておりました

そこへ他のお客さん達が次々とやってきたわけですが、隣の座席に、ちょうどsnifkinの母位の女性が座られました
「こんにちは」と声をお掛けしてお互いに挨拶をしましたが、その出で立ちからすぐに観光旅行であると確信しました
なので「沖縄へは初めてでいらっしゃいますか?」とお聞きすると、「はい」と
これは席を交換せずにはいられません
なぜならここは観光路線、自分の母がそうであるように、滅多に飛行機に乗らない人には窓側は特に貴重です

IMG_1414_2903.jpg
特に今回搭乗したB777ー200型機は横10列、窓側席は1/5しかありません

「席を交換しましょうか?」と言ったら、ものすごい笑顔で「良いんですか?」と
すごく失礼な言い方なのかも知れないけれども、すごく可愛かった・・・
IMG_1419_2903.jpg

道中ずっと外の景色を見ておられた彼女
降りる際に手を握られ
「あなたのお陰で沖縄への旅行が素晴らしいものになりそうです」
という最高の褒め言葉と、最高の笑顔をいただきました


IMG_1421_2903.jpg
意外にも自分にとって席を譲る行為は珍しいことでもないのですが、ここで敢えて話題にしたのは
彼女にそう思っていただけたと同時に、自分にとっても沖縄旅行の良い思い出になったからです
旅行をして一番楽しいのは観光地を巡るということよりも人との交わりという点だと思っています

今回の一件で、実はブログ的に貴重なシャッターチャンスを逃しちゃったかも知れないけど、良い思い出が勝った
何のことは無い、ただ席を譲る、という行為が今回の旅行で一番のイベントであったと記憶しておきます
まさに一期一会、日本語には素晴らしい言葉があることを再確認できた一件でした

続きを読む »

29年5月末江戸-石垣JAL有償航空券キャンセル

jal290531hndisg.jpg
2ヶ月前に予約だけして未発券だった5月31日JAL便江戸-石垣片道航空券
なんと9790円という破格の値段で特典航空券よりずっとお得
発券期限が3月17日(金)でしたが、ちょうどその日は南大東島「居酒屋ちょうちん」の日
案の定決済を忘れ流れてしまいました

実は日程が希望とは少しずれていたので保留にしてたもの
希望通りなら予約即発券してたと思います

とすれば、それは運命だったと思いたい

jal290603isghnd.jpg
そして帰り分の発券期限は今日明日

どうしようか・・・

マスターへの電話再び

那覇の夜です
今異常に寒い
過去沖縄でこんなに寒い経験したことありません
10度Cなんて詐欺だよな

それはともかく
明日南大東島に向かうにあたり、その主な目的である「インガンダルマ」は絶対に喰いたい
なので電話しました

だいぶ酔ってて要領を得なかったけど、「インガンダルマ」は万一のために冷凍してあるとのこと
これで一安心
でも以前青森から行った件とか、3月に再訪する約束とか全く覚えてなかったじょ・・・
ホントに大丈夫なのかな

まあ、そんな所も憎めないんだけどさ

あはは

明日再び南大東島アタック

minamidaitomap281201.jpg
これから車で青森空港へ向かい
昨年12月に初めて訪れた南大東島へ再び向かいます
沖縄県那覇市から見ると南西へ500キロで石垣島があり
東へ400キロで南大東島がある
同じサンゴ礁の島でありながらその趣はまるで違います
石垣島には砂浜があるけれども南大東島は切り立った岸壁しかなく、その先はいきなり4000mの海底
そんな地理的成り立ちもsnifkinの知識欲にガンガンくるものがあります


amc290120aojbkkaojoka.jpg
今日の予定は沖縄県那覇市まで
あと10分到着が早ければ前泊の必要がなく目的の島へ向かえるのだけれども
ここは本州のハズレの地
遠い島という印象に拍車をかけます
使用する航空券は今年1月にANAのスターアライアンス特典でバンコクへ行った帰りの国内線部分
なかなか使い倒している感じがするでしょ


jmb290317okammd.jpg
那覇では東横イン美栄橋駅へ1泊し
17日と18日に南大東島滞在予定
島での宿泊は前回と同じホテルよしざとの、今度はシングルルーム

ハピタスの約21500ポイントを移行して得たJAL12000マイルを使って
発券したJAL子会社琉球エアの往復特典航空券を使用


mp290318okaaoj.jpg
18日に那覇に到着後、時間をおかずに
UAのマイレージプラスMP8000マイルで発券した片道特典航空券を使用して
提携先のANA便を乗り継いで青森へ夜到着予定


前回の訪問時にシケで漁ができなくて食べられなかった「インガンダルマ
絶対喰いたい!

番外、3台の同じ機種

20161203225348860.jpeg
前回の南大東島訪問時に観光名所「バリバリ岩」ですっころんで画面が割れたiPhone5S
先日のブログで修理に失敗して文鎮化した話題を書きましたが


image (25)
なんと復活しております
文鎮化したのは充電が無くなっただけだったようですな
実はあの後すぐに新しい機体を注文していて


image (26)
今現在3台の全く同じ機種が並んでいる状態
一番左は水没して成仏完了の部品取り機なんだけど
あとの2台・・・
どうすんだよ!



番外、iPhone5S 2号機その後

IMG_5008_2806.jpg
以前話題にしたiPhone5S
1号機は昨年6月にインターコンチネンタルホテル石垣島リゾート前のビーチに水没

IMG_5017_2806.jpg
購入にダイナースを利用しており90日以内だったので保険が効いて1万円引いた金額を貰いました

20161203225348860.jpeg
直後に2号機を購入しましたが、今度は南大東島のバリバリ岩手前でスッコロんでガラス破損
ガラスが割れただけでなく筐体が歪むほどのダメージでしたが、なんとか動いておりました
今度は90日を超過していて保険が効かない
なら、自分で直そう・・・

まず行ったのは、最初のiPhone5Sからの画面移植
結局画面そのものが機能しておらず失敗

IMG_7949_2903.jpg
割れた画面をamazonにて注文するも、修理が面倒なので
しばらくは代替機種である、以前使用していた4Sにsimを入れて使っておりました


image (16)_2903
急遽思い立ち、本日修理を決行

IMG_5018_2806.jpg
まずは本体から画面を切り離し

image (20)_2903
画面を分解して

image (21)_2903
さらに画面から液晶+タッチパネル(デジタイザー)を剥離します

image (24)_2903
そして2時間ほどかけて液晶部分から割れたガラスの撤去

image (17)_2903
接着剤をシール剥がしでふき取り準備完了

image (22)_2903
かなり力が必要だったので、液晶が大丈夫か点検のためにコネクタ接続
大丈夫のようです

ここで、ふと・・・
水没した画面って本当に使えないんだろうか?
という疑念がよぎり、再び接続するもやはり無理でした
実はここで大チョンボを犯すんですなあ・・・

image (14)_2903
コネクタの接続に手間取りショートさせちゃったみたい・・・
でもそれに目をつぶり、組み立てて完了・・・

当たり前ですが起動せず
我がiPhone5Sは文鎮と化したのでした
合掌・・・


以前のsnifkinなら、あのとき何故試してみたんだろう
やらなきゃ良かったなって思ったところ

今は、運命だったって思うようにしてます
壊すのが運命
そのほうがブログ的に面白いでしょ(笑)

これがきっかけとなってandroid機に移行しそうな気がします
こうなるのが運命だったのですよ

ふふっ

番外、ベテルギゥス

snifkinが大学で本当に勉強したかったのは地学の恒星についてです
今回、地学を学習はしたけれども、以前は一般教養科目と言われた21世紀教育科目
恒星についてはほんのサワリ程度で済まされました
専門課程は公開されていないので仕方ないですね


恒星の一番の関心事はスバリ
ベテルギゥス」はまだ存在するのか?
って事です
oriona.jpg


冬の星座として知られる「オリオン座」の左上に輝く赤い超巨星
その大きさは肉眼で見える全天の星の中で最大
直径は太陽系の木星軌道に達するくらいデカイ星
それが僅か642光年先に存在しています
今見ている光は642年前のもの
日本では鎌倉時代末期の光を見ていることになります


実はそのベテルギゥスの大きさがかなり変化している状態にあることが判っています
この星のような巨星がその最期を迎える際には超新星爆発を起こします
かつて西暦1054年に藤原定家の名月記にも書かれた「かに星雲」の超新星爆発が有名です
今見えるベテルギゥスは洋ナシ状に歪に膨らんだ状態
これは間もなく爆発する兆候だと言われています
ベテルギゥスが爆発する際には満月の100倍くらいの明るさになると予想されています
それが3ヶ月続いたあとには肉眼では見られないくらい暗い中性子星になる予定
実はすでに爆発して星が存在していないけれども、地球にその証が届いていないだけだという気がします


これが現実に起こったなら、昼のように明るい夜が続いてみんなが空を見上げるようになるんだろうな・・・
そんな光景を南の島で見られたらどんなに幸せだろう

なんだかもうすぐその「Xデー」が来そうな予感がします
そのXデーが実は鎌倉時代末期に起こっていて、
その光が642年掛かって到達する先に今の自分が存在する

snifkinが空を見上げる際には飛行機だけではなくそんな事も考えています

番外、大学生活終了

290301a_2903.jpg
弘前大学グリーンカレッジ1期生
21名入学し、最終的に17名が終了式に参列


290301b_2903.jpg
1年半の期間を無事に終えて、人生2度目の大学生活を終了
希望すればもう1年学習できるし、17名中半数以上がそれを選択したようですが
snifkinはこれで終了
やはり勤め人でありながら週の決まった時間に休むのに苦労しました
グリーンカレッジそのものは続くのでいずれまた再開するかもしれません


ほとんどが自分より年上である同級生との交流
ホームルーム後の飲み会は本当に楽しいひと時でした
そして今後は同窓会という形で一生の付き合いになっていくはずです


大人になってからの大学生活は本当に楽しいものでした

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ